国産Amami Coffee 2022年度会員 1口

¥12,000

千葉県千葉市のマスタッシュコーヒーは2022年5月でオープン4周年を迎えます。

奄美大島出身の私は奄美大島産のコーヒー豆を作るために自家焙煎コーヒー豆屋をやってきました。

奄美大島とは?

面積712.35 km2であり、東京都23区部や琵琶湖の面積よりも広く、本州など本土4島を除くと佐渡島に次ぎ日本で面積5位の島である(wikipediaより)

海外産のコーヒーも素晴らしいですが、それ以上に世界自然遺産に登録された奄美大島でのコーヒー豆の栽培が成功しつつあります。

世界自然遺産について
世界で評価されるコーヒー豆にすべく私は国際的なコーヒー豆鑑定士であるQアラビカグレーダーを取得しました。

 

コーヒーでの6次産業化を夢に見てきました。

栽培→収穫→精製→焙煎が国内で叶うのです。

現在、世界のコーヒー豆が高騰しています。安定的に日本に輸入されるかどうかわかりません。

2022年3月現在、コーヒーノキを約200本ほど植えています。2021年度の収穫分は次世代のための苗にしました。

2022年度は数十キロは収穫できる見込みです。
今後、短期的には1000本、長期的に1万本以上にする予定です。

2020年の状態です↓

2021年にはこんなに大きくなりました。

 

2021年12月の新しい畑

 

 

精製方法も、ナチュラル、ウォッシュド、スマトラ式、アナエロビック等々色々挑戦するつもりです。奄美は標高が決して高いわけではありませんが、収穫の丁寧さ、精製による味の向上により美味しくて安心して飲めるものを作ります。

 

一気に拡大すべく会員制にいたしました。

 

正直なところどれだけの量をお届けできるかまだわかりません。畑の状況を定期的にお伝えしていこうと思います。

※100%奄美大島産のコーヒー豆をお送りします。

※農作物のため、台風等の影響で全くお届けできない可能性もございます。奄美大島にまつわるものをお送りします。その際はご了承ください。畑の状況は会員専用記事でお伝えしていきます。

※ご希望の方には生豆の状態でお届け致します。ご自身で焙煎できます。

※頂いた会費は苗の購入、収穫費用、精製費用、運営費として使わせていただきます。

※品種はティピカでしたが、奄美で数世代経たため独自品種になっていると思います。

※たくさんの方に拡散していただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

※日々のコーヒーの木の管理は親族に任せています。

2022年度会員は2022年4月から2023年3月まで有効です。

何口でもお申込みいただけますが、一定数で締め切りとさせていただきます。

地元奄美に産業を作りたいのです。奄美を一大コーヒー産地にして0%に等しいコーヒーの国内自給率を少しでも高めたい。

国産のコーヒー豆拡大のためお力を貸してください。何卒宜しくお願い致します。

 

Amami Coffeeのロゴはコラボブレンドでもお世話になっているハルオサンに書いていただきました。

※商標登録済みです

クリア

商品コード: amamicoffee カテゴリー: , タグ: ,

追加情報

挽き方

支援のみ(コーヒー豆は配送しません), 生豆, 中挽き(ドリップにおすすめ), 豆のまま(最もおすすめ)

レビュー

レビューはまだありません。

“国産Amami Coffee 2022年度会員 1口” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

こちらもおすすめ…