に投稿

コーヒーはコーヒーでも最近「スペシャルティコーヒー」という名前を聞くことが最近増えてきました。

普通のコーヒーと何が違うのでしょうか?

違いと定義について調査したいと思います。

 

スペシャルティコーヒーの定義

一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会

の中にスペシャルティコーヒーどんなコーヒーかについて記述があります。

カップの中の風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底していることが必須である。

ようするに、From seed to cup

生産国から消費国まで適切に管理されたもので味が良いものということになります。

一般的に流通している原産地しか記載のないコーヒーとは違い、品種・生産者・生産年度まで追跡することができるコーヒー豆がスペシャルティコーヒーと言えるでしょう。

定義はわかったけど味は?

味の好みは個人個人違うので明確にどれが美味しいなんて決められないよね?

 

もちろんそうです。ですからACE(Alliance for Coffee Excellence Inc.)が主催するCup of Excellence

(カップオブエクセレンス)と呼ばれるオークションと同様のカッピングフォームを用いて味の鑑定を行い

概ね100点中80点以上のものがスペシャルティコーヒーと呼ばれます。

味の客観化を行い、だれが飲んでもある程度美味しいという基準に基づいて決められます。

簡単な図で示すとこんな感じです。

coffeepyramid

スペシャルティコーヒーは世界で流通しているコーヒーの中で約5%と言われています。

Cup of Excellence(カップオブエクセレンス)については別の記事で説明します。

 

 

コーヒーもワインと同じ?

以前はコーヒーは大量生産、大量消費をしていて質については軽んじられてきました。これによりコーヒーの価値は落ちていったわけです。(コーヒーって胃もたれするし、美味しくない等)

しかし、現在高い付加価値を掲げ、値段が高かろうと魅力的な特性を持つコーヒー豆を作ることでコーヒーの価値を高めようという動きが起こりました。先述のCup of Excellenceもこの機運の一部だといえるでしょう。

コーヒーもワインと同様にテロワールによって味に違いが出てくるというのが理解されてきました。

 

生産国の発展にも寄与

大量生産でコーヒーの値段が決まるなら元々大きな資本を持った生産者しかコーヒーの生産はできなくなります。

しかし、特定の生産国のある地域、ある区画における土地の気候、土壌、生産者によって構成されるテロワールに価値を見出したのがスペシャルティコーヒーなのです。

小規模の生産者であっても直接の取引によって高く買い取ってもらうことができればより良いコーヒー豆を生み出すことができます。

コーヒー生産国は発展途上国が多いです。かわいそうだから買ってあげるという先進国からの上から目線ではなく、お互いに得をする関係性を作っていくことが継続的な発展にとても重要です。

スペシャルティコーヒーには高品質のコーヒー豆を生産すれば品質に見合う対価が得られるようにするフェアトレードの意味合いも含まれています。

 

まとめ

スペシャルティコーヒーとは生産国とともにより良いものを作り上げていける可能性もったもので、

生産者の顔が見えるコーヒーなんだということがわかっていただけたかと思います。

 

現在ワインは、料理酒用のワインもあれば、生産者の記載、ブドウの種類、生産年度の記載がされて生産者の顔が見えるワインも売られてます。

AGFの世界の国別一人当たりのコーヒー消費量によると日本のコーヒーの消費量は世界第4位だそうです。

コーヒーもワインと同じように、生産者の顔がわかる商品の消費が増えても良いのではないかと思います。