投稿日:

 

食品業界は産地偽装、等級偽装のニュースが度々報道されます。

コーヒーはどうでしょうか?

先日、日刊SPAでニュースが報道されました。

缶コーヒーの豆の種類や等級を偽装…匿名で告発、食品業界の隠ぺい事情

産地偽装や等級偽装どころかチコリの根をいれろなんてすごい会社もあったものです。

 

スペシャルティコーヒーにおいて、小売りであるコーヒー屋さんが産地偽装や等級偽装を行う場合はほとんどないと思います。(たぶんですが)

商社からコーヒー屋への販売に等級偽装は行われていると思います。

 

同じ等級の生豆なのに価格が違うことはよくあります。しかも1kgあたりA社1200円からB社1800円までの違いがある場合があります。

B社が5割ほど利益の載せて販売しているのでしょうか?

いいえ、違います。コーヒー豆は取引量がとても多いため安くて良いもの、高くて悪いものは

存在しにくいです。需要と供給のバランスで価格は相場通りになります。

 

コーヒー豆は産地によって味が異なるため、産地偽装をしている商社は早晩つぶれるでしょうから

産地偽装は考えにくいです。

となると、考えられるのは等級偽装です。

スペシャルティコーヒーは産地としても高く売りたいため、産地で必ず複数回の欠点豆を取り除く作業が行われています。

(ハンドピックについてはコチラの記事を参照してください。)

確実なのはどっちも仕入れてみることです。

ハンドピックをしなければならないような生豆なら取引をやめることを勧めます。

グループで生豆を購入して抜けられないならかわいそうですが。。。

ランクの低い豆だと店主は気づかず、お客さんは気づきます。お客さんは味にはそれほどシビアだと思います。

 

酸っぱいコーヒーが人気の中、日本人の口に合う甘いコーヒーをどこででも飲めるようにしたいものですね。

 

甘みのある本当の高品質なコーヒー豆はこちらから購入できます。